医学部 基礎医学臨床病理学Pathology and Laboratory Medicine

JapaneseEnglish

研究室HP

180903_004

 1974年9月1日の金沢医科大学病院の開院に合わせて、臨床病理学教室は開設されたが、その当時のメンバーは寺畑喜朔教授、長田和巳講師および寺岡弘平助手の3人であり、寺畑は中央臨床検査部部長を、長田は輸血部長を、そして、寺岡は中央臨床検査部技師長をそれぞれ兼務した。特に、中央臨床検査部は国内での稼動実績がほとんどない多項目・大量処理が可能な最新鋭の大型分析装置を配備した中央集中型の検査室であり、これらを支障なく立上げ、円滑に運営することが責務であった。病院業務を軌道に乗せるべく臨床検査の実務に教室開設前後の数年間を費やし、現在の中央臨床検査部および血液センターの基礎が築かれた。
 1995年3月の寺畑教授退職後、6年間教授不在で、福永壽晴講師と早瀬満講師の2人体制で経過したが、中央臨床検査部と病院病理部を統合した運営体制、整備・拡充のため、1994年9月に病院病理部の初代教授として北海道大学から着任していた野島孝之教授が2001年1月1日に配置換して就任した。6月1日黒瀬望病院病理部助手が配置換し就任した。大学病院の高度先端医療の機能として病理診断学の充実を図るために、2007年4月1日に金沢大学から湊宏特任教授か着任した。その後、2017年7月1日に鹿児島大学から山田壮亮が臨床病理学教授、講座主任として着任し現在に至っている。

お問い合わせ

TEL: 076-286-2211(内5371,5329) / FAX: 076-218-8440 / Email: clinpath@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 山田 壮亮 略歴写真 山田

助教

  • 塩谷 晃広
  • 郭 鑫

主な研究業績

部門別研究業績

  • Kenichi Mizutani, Xin Guo, Akihiro Shioya, Jing Zhang, Jianbo Zheng, Nozomu Kurose, Hiroaki Ishibashi, Nozomu Motono, Hidetaka Uramoto, Sohsuke Yamada
    The impact of PRDX4 and the EGFR mutation status on cellular proliferation in lung adenocarcinoma.
    International journal of medical sciences, 16(9), 1199-1206, 2019
  • Xin.Guo, Hirotsugu.Noguchi, Naoki.Ishii, Takujiro.Homma, Taiji.Hamada, Tsubasa.Hiraki, Jing.Zhang, Kei.Matsuo, Seiya.Yokoyama, Hiroaki.Ishibashi, Tomoko.Fukushige, Takuro.Kanekura, Junichi.Fujii, Hidetaka.Uramoto, Akihide.Tanimoto, Sohsuke.Yamada
    The Association of Peroxiredoxin 4 with the Initiation and Progression of Hepatocellular Carcinoma.
    Antioxidants and Redox Signaling, 30(10): 1271-1284, 2018
  • Akihiro.Shioya, Xin.Guo, Nozomu.Motono, Seiya.Mizuguchi, Nozomu.Kurose, Satoko.Nakada, Akane.Aikawa, Yoshitaka.Ikeda, Hidetaka.Uramoto, Sohsuke.Yamada
    The Combination Of Weak Expression Of PRDX4 And Very High MIB-1 Labelling Index Independently Predicts Shorter Disease-free Survival In Stage I Lung Adenocarcinoma.
    International Journal of Medical Sciences, 15: 1025-1034, 2018
  • Nozomu Kurose, Chizuru Futatsuya, Ken-Ichi Mizutani, Motona Kumagai, Akihiro Shioya, Xin Guo, Akane Aikawa, Satoko Nakada, Shino Fujimoto, Hiroshi Kawabata, Yasufumi Masaki, Kazue Takai, Sadao Aoki, Masaru Kojima, Shigeo Nakamura, Sohsuke Yamada
    The clinicopathological comparison among nodal cases of idiopathic multicentric Castleman disease with and without TAFRO syndrome.
    Human pathology, 77: 130-138, 2018
  • Jing.Zhang, Xin.Guo, Taiji.Hamada, Seiya.Yokoyama, Yuka.Nakamura, Jianbo.Zheng, Nozomu.Kurose, Yasuhito.Ishigaki, Hideaki.Uramoto, Akihide.Tanimoto, Sohsuke.Yamada
    Protective Effects of Peroxiredoxin 4 (PRDX4) on Cholestatic Liver Injury.
    Int J Mol Sci, 19: 9; 2509, 2018

主な外部研究資金

  • 「抗酸化酵素PRDX4の生体内防御機構に基づく、肺癌の病態メカニズムの解明」
    文部科学省科学研究費:基盤研究(C)(20K07454)
    研究期間:2020年‐2022年(山田壮亮代表
  • 「膵癌における抗酸化酵素ペルオキシレドキシン(PRDX)4の役割」
    文部科学省科学研究費:若手研究(1 9 K 1 6 7 8 3)
    研究期間:2019年‐2021年(郭 鑫代表)
  • 「肺腺癌に対する、抗酸化酵素ペルオキシレドキシン(PRDX)4の予防メカニズムの解析」
    (公財)MSD生命科学財団研究助成2017-生活習慣病領域-
    研究期間:2017年‐2019年(山田壮亮代表)
  • 「血液障害モデルによる内膜肥厚/狭窄に対する、抗酸化酵素ペルオキシレドキシン(PRDX)4の予防メカニズム」
    文部科学省科学研究費:基盤研究(C)(20K07454)
    研究期間:2020年‐2022年(山田壮亮代表
  • 「メタボリックシンドロームに対する、抗酸化酵素ペルオキシレドキシン4の予防メカニズムの解析」
    文部科学省科学研究費:基盤研究 (C) (16K08750)
    研究期間:2016年‐2019年(山田壮亮代表)